SEO対策
  1. 無料アクセス解析
ITデバイスを使いこなす! 2010年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wii編

wiiは、任天堂より2006年12月2日に発売され現在では7093万台も出荷された今世代のハードで一番の成功したものである。なぜこんなに売れたかと考えるとまず、値段であろうと思う。wiiの当初の値段は25000円であった。この値段はライバルの据え置き型ゲーム機に差をつけた。PS3は、54980円・Xbox 360 エリートが29800 円であった。また、独特のコントローラーも一因であると思う。

しかし、その任天堂が今期252億もの赤字をだすことになった。もちろん、その他会社の業績を考えるとましかもしれないが、いままで黒字で絶頂だったこともあり少し驚いてる。その原因としては、ハードを牽引するほどのビックタイトルがなっかたことがあげられてる。

さて、ここからは以前のPS3の時のようにwiiの悪いことをあげていこう。
まず、第一にソフトである。よく言われるのが、任天堂でだしたソフトは売れるが、サードーパーティーが出すソフトが売れないことである。このことは、今期のような状況を作り出した原因でもあると思う。
しかし、wiiで売れるソフトの特徴として思うのが実際にリモコンやバランスWiiボード を使用し実際に体を動かすソフト類であると思う。その他に売れてるのは、長らく続く任天堂のソフト、例えばスーパーマリオ・ゼルダであることを考えると、サードーパーティー側がwiiで売れるソフトを理解してないせいであると思う。
だが、それだけがソフト面での悪いことではない、一番の問題は中高生やヘビーゲーマーをターゲットになってる製品がないことだと思う。つまり任天堂は育てあげたゲーマ達の居場所を準備していない点のことである。

第2の問題は、独特のコントローラーであると思う。この点を批判するのは気が引ける、なぜならPS3の6軸センサーより機能していて、尚おかつ売上にもいい影響を与えているとおもうからであるが、続けていきたいと思う。
まず、Wiiリモコンによって操作の確実性を失ったと感じる。実際に、「大乱闘スマッシュブラザーズX」を友人とやった時の大半がGCのコントローラであったし、「モンスターハンター」に関しては、Wiiリモコンを推奨せずにクラシックコントローラを同梱したりして推奨していた。

第3の問題点は、大容量メディアを搭載していないことである。使用可能なものはSDカードであることを考えると最大32GBまでしか増設できないこれは、携帯型ゲーム機のPSPとほぼ同等であることがわかる。
ダウンロードコンテンツの簡単な運用が難しい点が問題である。
第4の問題は、画質である。今世代のゲーム機のなかで最低の画質であるのは確かである。その他今世代ハードは、HDMIで出力可能であるのに対しD端子かS端子で出力する点が問題であるが、実際wiiはSD画質の出力しかできないのでHDMIを搭載しても意味がないつまり、CPUとGPUとメインメモリーの低能さが原因であるのでどうしようない。
スポンサーサイト
最新記事
フリーエリア
プロフィール

kwsmpo

Author:kwsmpo
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PSP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。